おばあちゃん先生

小学校5・6年の担任は、評判のいい
おばあちゃん先生だった。

歌が好きで、優しくて、
教え方も上手な、おばあちゃん先生。

もっとも、男子たちは、隣りのクラスの
体育会系の先生が、ちょっと羨ましそうだった。



おばあちゃん先生は、昌世に、

「昌世ちゃんは、
 これからどんどん伸びるから」

と、よく言ってくれた。



昌世の現状はといえば、
勉強の出来は、まあまあ…。

すごくできる子は、
昌世以外に何人もいた。


あまり自覚もなく、
訳もわからないまま、昌世は
おばあちゃん先生の言葉を
聞いていた。



確かに、おばあちゃん先生は、
教え方が上手だった。

今までの先生よりも、
授業はわかりやすかった。

昌世は、塾に行っていないので、
学校の宿題だけは、きちんとこなした。



昌世の成績は、ちょっとずつ上がった。



でも、もの凄く勉強ができる…
っていうほどではなかった。



やがて、卒業を迎え、春休みに、
おばあちゃん先生の家に
遊びに行った。


一緒に行ったのは、
いわゆる「できる」女の子たち。

何となく、そういう流れになった。


自分がその中に入ることに、
何となく違和感を感じながら、
昌世は参加した。



みんないい子ばかりで、
おばあちゃん先生も優しくて、
案外楽しかった。


おばあちゃん先生手作りの
おしるこが、妙に美味しかった。


昌世は、小豆があまり好きじゃない。
なのに、不思議と食べられた。



おばあちゃん先生の魔法かな。



おばあちゃん先生は、
どうしてこんなに、優しくして
くれるのかな…


昌世は、何度もそう思った。



答えはずっと、見つからないままだ。






やがて、昌世は中学生になった。



勉強は難しくなったはずなのに、
昌世には、よくわかるようになった。

不思議なほど、いい成績が
とれるようになった。


(おばあちゃん先生のおかげかも…)


昌世は、そう思った。



ふと、おばあちゃん先生が、
卒業式の後、教室で歌ってくれた
『浜辺の歌』を思い出した。


心に沁みる歌声だった。


昌世は、きっと忘れない。


Mvc-644e1.jpg

関連記事

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
初詩集『あなたの笑顔を見たいから』(佐伯真依) 電子書籍(Amazon&楽天Kobo)にて発売中☆第4回マイナビeBooks作品コンテスト入賞作品
カテゴリ
愛 (6)
プロフィール

佐伯真依(よっしー)

Author:佐伯真依(よっしー)
ブログを見に来て下さり、ありがとうございます。
あなたが笑顔になれるような癒しをお届けできれば嬉しいです。

詩集(電子書籍)発売中です。
『あなたの笑顔を見たいから』(佐伯真依)by Amazon&楽天Kobo

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QRコード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
**********
にほんブログ村 健康ブログ 足つぼ・足裏マッサージへ
にほんブログ村
**********
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

**********
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 癒しへ
癒し
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
カウンター