足もみの順番&気をつけること

足をもむのがいい…と言われても、
どこをどうすればいいのかわからない、という方も多いと思います。

とりあえず、左足から、足の裏、側面、甲、ふくらはぎ、
と、足全体をもみほぐすようにして下さい。

左足が終わったら、同じように右足をもみます。


↓のHPでも、写真入りで詳しく紹介してくれています。
http://jakuseki.blog50.fc2.com/blog-category-0.html 

お風呂上がりや足湯をした後などは、皮膚が柔らかくなっているので
もむのに最適です。




足をもむときの、注意事項としては、

*食後一時間は、もまない
食後は、消化器官が消化活動を活発に行っています。
足をもむと、血行がよくなり、消化のために集まっている
血液を分散してしまう恐れがあるので、避けましょう。



*もみ終わってから、白湯を飲みましょう。
もむことで血液の循環がよくなるため、白湯を飲むことで、
血液中の老廃物が尿として排泄されやすくなります。

できれば500CCくらいの白湯を飲みましょう。
(無理なら飲めるだけの量で大丈夫です。)


*もむときは、クリームかオイルをぬって行いましょう。


滑りがよくなり、皮膚に負担をかけず、もむことができます。


*左足から始めましょう。

心臓の反射区(足にある、身体の各器官や部位の神経が集中しているところ)が
左足にのみあることから、まず、心臓の反射区のあるほうの足から
始めることで、より効果が得られると言われています。


*基本ゾーンから始めましょう。

左足、右足、共に、腎臓、輸尿管、膀胱、尿道の反射区から始めて、
最後も同じく、腎臓、輸尿管、膀胱、尿道で終えましょう。

途中は、満遍なく足をもめば、順番を気にしなくても大丈夫です。

具体的な位置は、上記のHPを
参照してください。


*妊娠中・生理中は避けましょう。


*骨の部分はあまり強く押さえないようにしましょう。


*手術後は、傷口が治ってからもみましょう。


足全体をもむのが大事ですが、
特に、土踏まずのあたり、親指、かかとをよ~くもむのが、おすすめです☆
関連記事

テーマ:ヒーリング セラピー マッサージ - ジャンル:心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
初詩集『あなたの笑顔を見たいから』(佐伯真依) 電子書籍(Amazon&楽天Kobo)にて発売中☆第4回マイナビeBooks作品コンテスト入賞作品
カテゴリ
愛 (6)
プロフィール

佐伯真依(よっしー)

Author:佐伯真依(よっしー)
ブログを見に来て下さり、ありがとうございます。
あなたが笑顔になれるような癒しをお届けできれば嬉しいです。

詩集(電子書籍)発売中です。
『あなたの笑顔を見たいから』(佐伯真依)by Amazon&楽天Kobo

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QRコード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
**********
にほんブログ村 健康ブログ 足つぼ・足裏マッサージへ
にほんブログ村
**********
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

**********
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 癒しへ
癒し
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
カウンター