天才型の人間に憧れる

大層なタイトルですが……(///o///)ゞ


東洋医学や足もみ関連の本をもっと読みたい(読まねば!)と思いつつ、

ついつい小説ばかりに時間を費やす、今日この頃。


一応、同時進行していますが、最近バランスが傾きがち。



純粋な楽しみって、やっぱし、いいのだ。(←いい訳)



ということで、『チョコレート・コスモス』(恩田陸・著 / 角川文庫)を読みました。


文庫化されているのを見つけて、再読。(最近再読が多いなぁ~)


「傑作演劇小説! 天才少女たちが挑む、二人芝居。
 才気のすべてをかけたオーディションが始まった!」

と帯にあります。



再読にも関わらず、読み始めると止まらない勢い。。。


最初に読んだとき、大好きな『ガラスの仮面』(美内すずえ・作&画/ 白泉社コミック~今、どこまで進んだのでしょう?!)を彷彿とさせるストーリーにワクワク!

今回、文庫版あとがきを読むと、やはり、『ガラスの~』がきっかけで書いたと知り、納得。


『ガラスの~』の主人公、北島マヤちゃん(ラジオネームで名前を使わせてもらっていたほど好きでした)と、『チョコレート~』の佐々木飛鳥ちゃんという、二人の天才。


舞台を一度見ただけで、セリフや動きなどを全部覚えてしまう。圧倒的な存在感。



そういうのを見せられると、やっぱり魅せられます!(^^)



努力や情熱はもちろん必要だけど、持って生まれた天分ってありますよね。





とりあえず、私は、努力の人でありつづけよう。






おまけ:

チョコレートコスモスって、ほんのりチョコレートっぽい香りのするお花だとか。

一度もお目にかかったことがないので、いつか出逢えたらいいな(^-^)




テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

いちばん確かなもの

随分前に読んだ本を、ふと読み返したくなり、本棚から出してきました。


『二分間の冒険』(岡田淳・著/ 偕成社文庫)


何度も読んだ本の一つです。


小学校中学年くらいから読める児童文学(ファンタジー)。

面白くて、大人だとあっという間に読めますが、内容は深い!!!



主人公の少年は、“いちばん確かなもの”を探して冒険をします。



最近は哲学的なことは、敢えてあまり考えないようにしていますが、

この本で、少年と一緒に“確かなもの”探しをする時間は、とても楽しかったです。



答えは……、ぜひ、本で確かめて下さい♪



それから、この物語のポイントに“選ばれし者”っていうのもあって、

これに関する一連の流れを読んでいると、いつも考えさせられます。




結末を知っていて、それでも、楽しめる本や映画って、上質な作品なのでしょうね。




テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

かたつむりみたいな人生

すべきこと、したいことが山のようにある中、こうして自分を見つめる時間を持つことができると、落ち着きます。


文章を書く時間を持てない時は、温かい眼差しや、楽しかったことを思い浮かべては、思い出し笑いしたりして。←怪しい(笑)


あの人はどうしてあんなに優しくしてくれたのかなぁ、とか、

どうしてあんなふうにかまってくれたのかなぁ、とか、


今も不思議に思うことがあって、理由はわからないながらも、ず~っと、力をもらっています。




少しの出逢いが、大きな影響を与えてくれることもあるし、

時間をかけて、少しずつ、築き上げてきたものも、もちろんあって、

どちらにも、ただただ感謝です。



ず~~~っと前、地元に、10円で手相をみてくれるおじさんがいて、高校生だった私は、友だちと一緒にみてもらいました。


ほんの一言程度だったのですが、


友だちは、「ジェットコースターみたいな人生」

私は、「かたつむりみたいな人生」


って言われました。



う~ん、合ってるかも……。

マイペースで、あせらず、じっくりと物事に向き合う感じだし。


(彼女は、転校して以来連絡しておらず、どうだったのかわかりませんが)



短期間で、ぱぱっとできて、成果が出ることも、素敵だけれど、

長い時間をかけて成し遂げたことって、重みがあって、何ともいえない味があったりしますよね。



「雨垂れ石をも穿つ」


ふと、こんな言葉を思い出しました。(雨にほんとにそんな力があるのかしらん?!)




と書きながら、自分自身は、まだまだ何もかも中途半端だなぁ。。。


ちょっと変わりたい今日この頃です。


テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

ワイルドな出来事&本のお話

エスカレーターに乗っていた時のこと。

すぐ前に小学校低学年の男の子がいたのですが、

降りる寸前で、傘のヒモをエスカレーターに引っかけてしまいました。


「あ~どうしよう、とれないー」

という彼の傘を、私も引っ張ったのですが、無理!


その間も、エスカレーターは、動き続け、後ろから来た人が、狭い中を通り過ぎ。。。


で、

非常停止ボタンを押しました。


生まれて初めての経験!


男の子は、何とかひっかかっていた傘を外すことができて、ほっ。


と、ここで、止まったエスカレーターをどうするかという問題が発生。

片方のエスカレーターだけ止まっているので、後から来た人たちがザワザワ。



そんな中、後から降りてきた男性が、担当の方を呼んでくれて、元通り動かすことができました。



ちょっとだけ…o(;-_-;)oドキドキ♪な経験でした。




話は変わって、


またまた本のお話。

『マスカレード・ホテル』を読みました。


どうも、東野圭吾さんの本に惹かれて仕方ない日々。


住んでいるところの最寄駅からの微妙な距離が同じだったり、

毛穴がまるでないほどに肌のきれいな藤木直人さんのことを羨ましがるところだったり、

なんだかんだで、お気に入りの作家さんです。

(「百夜行」系のお話は苦手ですが)


なかなかよかった!です。どうしてこんな物語を考え付くんだろうって思ってしまいました。

メインの二人も魅力的でした。ちょっと憧れます。


あ~~~、ほんとに好き!!!


好きなお店ジャンルのマイランキング1位は、永遠に本屋さんかも。




テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

新品(?!)

調子が悪くて修理に出していた、DVDレコーダーが帰ってきました。

(まだ1年半使っただけだったのに~)


「保存していたデータが消えるかもしれません」と言われ、覚悟(?!)していましたが、

案の定、ハードをそっくり交換……。録りためていたものは全て((w(^∇^)w))さようなら。


結構な量でした。


とはいえ、どうしても困るっていうものは、さほど思いつかなくて、なくても平気なことって、意外と多いんだなぁ~って思ったりしています。

強いて言えば、「平清盛」が見たかったなぁって思うくらい。

(余談ですが、家族の約1名は、「平清盛」のことを「ヘイセイセイ」と言います。未だに慣れませんが)



帰ってきたDVDプレーヤーは、画面が微妙に変わり、

(何だか中身が新品になったよぉ~~)って感じで、ちょっと嬉しくなってます。



山ほど録りためていたものもなくなり、中身もすっきり!断捨離気分。


本当に必要なものだけに囲まれて暮らしたいなぁ。気分は晴れ晴れです。


梅雨ですが、気持ちは、いつも晴れがいいですね。


NEC_0461.jpg


お知らせ
初詩集『あなたの笑顔を見たいから』(佐伯真依) 電子書籍(Amazon&楽天Kobo)にて発売中☆第4回マイナビeBooks作品コンテスト入賞作品
カテゴリ
愛 (6)
プロフィール

佐伯真依(よっしー)

Author:佐伯真依(よっしー)
ブログを見に来て下さり、ありがとうございます。
あなたが笑顔になれるような癒しをお届けできれば嬉しいです。

詩集(電子書籍)発売中です。
『あなたの笑顔を見たいから』(佐伯真依)by Amazon&楽天Kobo

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QRコード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
**********
にほんブログ村 健康ブログ 足つぼ・足裏マッサージへ
にほんブログ村
**********
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

**********
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 癒しへ
癒し
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
カウンター