今年心に残った新聞記事

今年も残り半月になりました。

2010年は、私にとって大切な出逢いが二つありました。
そのことに感謝しつつ、
2011年、より成長できますように、
周りの方に、より必要とされる自分になれますように、
そんな思いを抱いています。

部屋の片づけをしていたら、心に残る記事を切り取ったものが
出てきました。

今年のバレンタインデー付の愛媛新聞「へんろ道」という
読者からの投稿欄です。

タイトルは、「54歳の新採教員」

元中学校教員の75歳男性からのもので、
内容は、40年前の教え子から、

 教員採用試験に合格したので、
 この春から東京で勤務する

という便りをもらったことについて綴られています。

その教え子は、大学卒業後、会社勤めを経て、結婚し、
家庭に入っていたが、8年前にご主人と死別し、
女手一つで子供たちを養ってきたとのこと。

臨時の講師として5年間勤務したのち、
今回、正規教員に合格したとのこと。

その喜びと、54歳の新採として頑張りたいと
いう意気込みの伝わってくる便りに、
心から拍手を送りたいという投稿でした。

いくつになっても、努力と、強い意志があれば、
道は開けていくものなのですね。

私も、すごく勇気をもらいました。

どんな時も、決して、投げやりになったり、
何もせずにあきらめたりしたくないと思います。

自分らしさを、磨いていきながら、
日々、輝きをましていけるような、
そんな自分になりたいと、改めて感じました。



ストレスにはビタミンC

ストレスを感じることの多い、現代社会…。

ストレスが加わると、人間はどうなるのかを、
アロマスクールで学びました。


第一段階は、ショック期(警告反応期・第一段階)

 血圧や体温、血糖値が低下し、筋肉が緊張。

 それが引き金となって、副腎皮質から、アドレナリンが分泌。

 副腎皮質や血しょう中のビタミンCが減少。


第二段階は、抗ショック期(警告反応期・第二段階)~ショックからの立ち直り

 血圧や体温、血糖値が上昇。筋肉は引き続き緊張。
 
 副腎皮質から糖質コルチコイド(抗ストレスホルモン)の分泌が増大。

 副腎皮質や血しょう中のビタミンCが増加。


第三段階は、抵抗期(適応期)

 ストレスに対する抵抗力を維持し、心身を防衛しようとする。

 引き続き、糖質コルチコイドが分泌される。


第四段階は、消耗期

 ストレス対抗するエネルギーに限度があるため、
 ストレスが加わる状態が、長く強く続くことにより、心身は消耗していく。
 (時には、死にいたることさえある。)

 抵抗力の低下。血糖値、副腎皮質の機能低下。
 副腎皮質や血しょう中のビタミンCは減少。




第二段階で、ストレスを克服できれば、何よりですが、
その場合においても、それ以降の段階においても、
重要なホルモンが、抗ストレスホルモンの、糖質コルチコイド

そして、この、糖質コルチコイドを合成するときに、
必要なのが、ビタミンCです。




ビタミンCの作用は、

ストレスに強い身体を作る

コラーゲン生成促進/メラニン色素沈着抑制 (お肌にGOOD)

免疫力を高める

抗酸化作用(老化防止、発がん物質抑制)

…のような、とても素晴らしいものばかりです。


ビタミンCを含む食品としては、

緑黄色野菜、果実など
(ブロッコリー、みかん、キウィフルーツ、いちご、小松菜、じゃがいもなど)があります。

ビタミンCは熱に弱いので、その点に気をつけながら、
できるだけ毎日、ビタミンCを食事に取り入れたいものですね。


マウスウォッシュの作り方

今日は、精油を使った、手作りマウスウォッシュのレシピを紹介します。
お口の中の殺菌や歯周病予防、口内炎におすすめです。

混ぜるだけでできるので、作り方はとっても簡単です☆

材料:精製水(軟水)~日本製の市販されているお水でいいです。
    100ml
   精油~ティートリー 5滴
       ペパーミント 5滴
       ラベンダー(真正がおすすめ) 5滴
       レモン(グレープフルーツでもOK ) 5滴

作り方:ビーカーに水100mlを入れ、遮光ビンに移す。
    精油を入れる

使い方:コップに大さじ1~2杯のマウスウォッシュを入れる
    水道水を入れて薄めて、うがいをする。



レモンはかんきつ類で一番強い殺菌力があると言われています。
また、ペパーミントとラベンダーの殺菌力はO-157を死滅させる力を持ち、
ティートリーは黄色ブドウ球菌を死滅させる力を持つと言われています。 


ティートリーは、オーストラリアの原住民が傷薬として使ってきた精油で、
最近、真菌(カビ)、ウイルスを抑制する働きが強く、
免疫力を強化する手助けもしてくれます。


精油の中で、ティートリーとラベンダーのみが、
原液を(植物油などで薄めずに)そのまま使うことのできるもので、
綿棒に精油をつけ、

☆ティートリーは、虫さされ、水虫などに

☆ラベンダーは、やけど、虫さされなど

のとき、直接、患部につけることができます。

虫さされの時、つけると、かゆみがすぐになくなりますよ。




アロマと花粉症

アロマと出逢ったのは、今年の3月でした。
それまでは、アロマって、単にいい香りを楽しむだけのもの…
程度にしか受け止めていませんでした。

けれども、勉強していくうちに、
ただ香りを楽しむだけじゃないとわかり、
アロマテラピーってすごい!と今は思います。


春になると花粉症に悩まされていた私。
今年の3月始めも、花粉症の症状が現れて、夕方になると
くしゃみ、鼻水の日々が始まっていました。

そんな中、アロマをスクールで習おうと思いたち、
説明会に参加しました。時間にして1時間半ほど。
会場には、アロマポットとアロマディフューザーがあり、
エッセンシャルオイルの香りが漂っていました。

帰宅後…。花粉症の症状は、全く現れません。
次の日も、その次の日も、同じ…。
結局、今年は、それ以来、花粉症の症状が全くないまま
今に至っています。

他に思い当たる節はなく、エッセンシャルオイル(精油)の
おかげとしか思えません。

あとで、説明をしてくれた方に、あの時の精油が何だったのか
尋ねましたが、時間がたっていたことがあり、
はっきりとわからずじまいでした。

ただ、勉強してきて、花粉症に効果的と言われている
精油がわかりましたので、紹介します☆


ユーカリ、ティートリー、メリッサ(レモンバーム)
ミルラ、ペパーミント、ラベンダーなどです。

中でもおすすめは、ユーカリ。
風邪の予防にもなります。

手軽な利用方法は、ティッシュペーパーやハンカチに
精油(エッセンシャルオイル)を1~2滴たらして、
室内に置くというもの。

アロマオイル、とか、ポプリオイルなどの名称で
市販されているものは、合成香料によるものが多いので、
おすすめできません。

精油(エッセンシャルオイル)~植物の葉や花、種子などから
抽出した天然の素材~を選びましょう。
(私は、『生活の木』の精油を使っています)

私は、アロマポットを使って、芳香浴を楽しんでいます。↓

NEC_0137.jpg

どの精油も殺菌作用があると言われています。

また、精油には、様々な成分が含まれているため、
精油によって、気分を明るくしてくれたり、
不眠や、リラックス効果など、
様々な作用があるとも言われています。

少しずつですが、また、紹介していきますね。
お知らせ
初詩集『あなたの笑顔を見たいから』(佐伯真依) 電子書籍(Amazon&楽天Kobo)にて発売中☆第4回マイナビeBooks作品コンテスト入賞作品
カテゴリ
愛 (6)
プロフィール

佐伯真依(よっしー)

Author:佐伯真依(よっしー)
ブログを見に来て下さり、ありがとうございます。
あなたが笑顔になれるような癒しをお届けできれば嬉しいです。

詩集(電子書籍)発売中です。
『あなたの笑顔を見たいから』(佐伯真依)by Amazon&楽天Kobo

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード
QRコード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
**********
にほんブログ村 健康ブログ 足つぼ・足裏マッサージへ
にほんブログ村
**********
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

**********
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 癒しへ
癒し
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
カウンター