春におすすめの反射区

中国医学の五行(ごぎょう)という考え方を元に

季節ごとにおすすめの反射区や

セルフケアについて、綴ってきました。


今日は春についてです。


春に関連の深いのは、肝と胆です。


肝と関係の強い場所は、目、筋、爪です。


かすみ目や、目の渇き、充血などの

目の不調は、肝の調子が悪い時に

現れることが多いです。


また、筋力の低下や手足のしびれなども

肝と関係のあることもあります。


肝は、ストレスに影響を受けやすいため

下痢や腹痛、消化不良という形で

不調が現れることもあります。



肝臓、胆のうの反射区は

右足のみにあります。

こちらの反射区図で確認してくださいね。
18番と19番です。


目の反射区は、人差し指と中指の付け根です。

右目は左足、左目は右足です。


消化器官の反射区は

両足の土踏まずのあたりです。


冬の身体から春の身体へと変わる季節。

生活の変化する方も多いと思います。


できるだけストレスを抱えないように

腹を立てないように

うまく気分転換を図りながら

足もみで、春を少しでも快適に

乗り切れるといいですね。


また、肝・胆を補う食物は

鶏肉、ニラ、麦、スモモなどです。

積極的にとりいれたいですね☆

CIMG1567.jpg

参考までに~

他の季節についての記事は以下の通りです。

夏におすすめの反射区


秋におすすめの反射区

冬におすすめの反射区

梅雨に気をつけたいこと

参考になれば幸いです♪



テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

冬におすすめの反射区

今日は、寒い季節におすすめの反射区を

紹介いたします。


もちろん、膝から足先までを

まんべんなくもみほぐすことは

一番大事なことなので

忘れないで下さいね☆


それにプラスしていただきたい反射区は

腎臓、輸尿管、膀胱、尿道の反射区です。

CIMG1467.jpg
水色→腎臓の反射区
黄色(足裏)→輸尿管の反射区
オレンジ色→膀胱の反射区
黄色(足内側面)→尿道の反射区

となっています。


腎臓→輸尿管→膀胱→尿道の順に

毎日手や棒を使って

押してスライドさせてみて下さいね。


これらの反射区は、排泄を促すうえでも

とても大事な場所です。

足もみをする時にも、必ず

最初と最後に施術します。


東洋医学では、冬に関係する臓器が

腎臓、膀胱となっています。


これらの臓器の働きを補う食べ物は

豚肉や大豆、栗。

積極的に豚肉や大豆をとりたいものです。


そして、身体を冷やさないように、

温かくして下さいね♪


夜、足をもみほぐして寝ると

寝る時も、翌朝も、足もみをしないときより

温かく感じられますよ(*´∇`*)。


特に、冷え性の方、

毎晩の足もみをぜひしてみて下さいね!!





CIMG1413.jpg
愛媛県立とべ動物園のシロクマ~ピースちゃん

人工保育で育ったピースちゃんも

この12月2日で16歳になりました。

ピースちゃんの公式ページはこちらです♡








テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体

秋におすすめの反射区

10月に入り、涼しい日が多くなりましたね。


今日は、中医学(東洋医学)の観点から

秋にしっかりと押したりもみほぐすといい

足裏の場所を、紹介させていただきます。


秋に関係の深い場所は、肺と大腸。

加えて、鼻や皮膚です。


足裏の反射区は下図をご覧ください。
CIMG1259.jpg
赤~鼻と繋がっている場所
オレンジ~大腸と繋がっている場所
水色~肺と繋がっている場所です。


日によって、時間帯や場所によって

気温差もありますので

寒さを感じないように、

衣服などで調節したい季節ですね。


毎日、足全体をもみほぐす際に

肺と大腸と鼻の反射区を念入りに…を

心がけて下さいね。


大腸の反射区は

右足のかかとに近いほうから、上に向かい

その後は、左足に繋がっていくように

スライドさせていくと(コの字型になるように)

スムーズなお通じにも効果的です。


あなたの秋が、素敵なものでありますように.。(^O^)/




テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

夏におすすめの反射区&ツボ

中医学(東洋医学)では
自然界にあるものすべてを
木・火・土・金・水(五行)に分類できるとされています。

それぞれに当てはまる
臓器、季節、食べ物などがあり
健康な暮らしをするための参考とされてきました。

夏に当てはまるのは、“火”。
暑い今の時期にぴったりなイメージですよね。

関連する臓器は、“心”と“小腸”。

汗や脈に影響を及ぼします。

汗が出過ぎたり、逆に全くでなかったり
げっぷがよく出たり、いつになく苦いものを好む時は
“心”と“小腸”が、ちょっぴり疲れているかもしれません。

これらの反射区を押したり、もみほぐすのがおすすめです。


下図左のオレンジ色の部分が、心臓の反射区。(左足のみ)
赤色の部分は、小腸の反射区です。
CIMG1195.jpg

また、心臓の経絡と、小腸の経絡の先端は
どちらも手の指先になります。

小指(両手)の爪の付け根(両角)です。
(上図右を参照下さい)

薬指側に心経、外側に小腸経の先があります。

この部分を、もう一方の手の爪先や
楊枝、ペン先などで、ぐっと押すのもおすすめです。


また、この季節におすすめの食べ物は
ラッキョウやラム肉、黍(きび)、杏などです。

眼を酷使しすぎないことも、他の季節以上に大切なので
長時間眼を使うときは、時々休憩をして下さいね。

毎日高温の日が続いています。
水分補給をしながら、元気に夏を過ごせるといいですね♪


CIMG1078.jpg




テーマ:ヒーリング セラピー マッサージ - ジャンル:心と身体

梅雨に気をつけたいこと

梅雨どきの湿度の高い時期は

お腹の調子が今ひとつになることもありますよね。


中医学では、食べ物の消化・吸収(胃腸の働き)は

“脾”によってコントロールされると言われています。


“脾”の働きが不調になると

食欲がなくなったり、お腹が張ったり

よだれが出過ぎたり、逆に、口の中がカラカラになったりします。


中医学では、考えすぎたり、悩んだりすることは

“脾”に大きなダメージを与えるとも言われています。


雨や曇りの日こそ、体を動かしたり

大きな声を出したりして、元気いっぱい!を心がけたいものですね。


そして、ウォーキングなどの有酸素運動や

足もみなども、おすすめ。(^ー^* )♪



消化器系と繋がっている足裏の場所は

土踏まずのあたり。(足裏中央付近)


脾臓の反射区は、左足のみにあります。


また、お口周りの不調や、よだれの過剰・過少には

親指の甲をしっかりともみほぐして下さい。


こちらの反射区図を参考にして下さいね。


CIMG7774.jpg
愛媛県立とべ動物園のライオンの赤ちゃん(柑太郎くん)

とべzoo、広々としていて、イベントもいっぱいで、超おすすめです(^O^)。


テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

お知らせ
初詩集『あなたの笑顔を見たいから』(佐伯真依) 電子書籍(Amazon&楽天Kobo)にて発売中☆第4回マイナビeBooks作品コンテスト入賞作品
カテゴリ
愛 (6)
プロフィール

佐伯真依(よっしー)

Author:佐伯真依(よっしー)
ブログを見に来て下さり、ありがとうございます。
あなたが笑顔になれるような癒しをお届けできれば嬉しいです。

詩集(電子書籍)発売中です。
『あなたの笑顔を見たいから』(佐伯真依)by Amazon&楽天Kobo

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QRコード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
**********
にほんブログ村 健康ブログ 足つぼ・足裏マッサージへ
にほんブログ村
**********
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

**********
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 癒しへ
癒し
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
カウンター